「かほりメール」

「かほりメール」
 春香堂では、いつ頃からか忘れましたが毎年夏に蔵出し市を開催し、その折、ご案内に「かほりメール」を同封しています。春香堂の仕事に携わる従業員が思い思いに書いて投稿しているものです。私の拙い投稿過去数年の「かほりメール」をここに取り上げることにしました。「かおり」に関することにご興味のある方はぜひご一読下さい。「かおり」の裏情報があるかも・・・

  沈香「CITES」に思う ’06  

 一昨年暮れバンコックで開かれたワシントン条約機構会議で、沈香がいよいよCITESという証明書が付属しないと輸出入できなくなりました。実際には95年にすでに付属第二種に指定されていましたが、当初の指定学名種に限られたものと、そうでない種の区別判断がむずかしく、現実には施行されないまま10年きてしまいました。そのため、多く採れる種も絶滅危機にある種もすべて流通してきたので、このままではいよいよ絶滅になるとインドネシア政府の提案で、すべての沈香がCITESを必要とすることになってしまったのです。
 当然のごとく、このことは沈香流通のいろいろな面に大きく影響を及ぼしています。量においては質の善し悪しを問わず減少し、価格においてはかつてない高騰をしています。影響はそればかりではありません。
 カリマンタン島(ボルネオ島)のおよそ2/3はインドネシア領です。この島は四半世紀ほどの間にインドネシア政府の国策の開発でどんどん森が削り取られ、広大なアブラヤシプランテーションに変貌してしまいました。それまで森の中を悠々と移動しながら暮らしていた沈香採りの民がどうなったか、ご存じでしょうか?
 彼らはいつしか森を追われ、一部はそのプランテーションで農薬散布やヤシ油取りに従事していますが、一部の民はオラウータンのように、同じカリマンタン島のマレーシア領側へ移住しました。
 オラウータンはマレーシア政府等の手厚い保護を受けていることはテレビ放映などでご存じの方も多いと思いますが、沈香取りの民は残された森の中で少量の沈香取りをして貧困生活を余儀なく強いられています。それに新たに今、彼らはこの沈香CITESの影響でより困難な日々に直面しています。知識の無さから沈香が売れないのです。
 つまり、CITESを必要とする提案とともに、このカリマンタン島の森の姿や元の自然を取り戻さない限り、自然資源を残すべきワシントン条約機構会議の本来の意味にならないと思うのです。元の自然、元の生態系を回復させることの裏付けがあって、はじめて絶滅危機にある動植物沈香種の保存を謳うべきだと思います。
 沈香CITESの無いものを輸出入禁止にすることは絶滅種保護のために必要なことだと思います。ただ、沈香の採取、流通、加工、そしてその香りを必要とするすべての人に納得のいく方策を示して欲しいと思っています。


かおりメールの先頭へ戻る

 最新南インド産白檀情報 ’05!    

 私ども春香堂が主に取り扱う南インド産白檀が高騰しています。この5年でおよそ3倍以上に値上がりしています。この原因は、インドの国内事情によるところが大きく、その第一は1958年に始まる白檀プランテーションの失敗が確認されたことです。そして第二にインド国内の政治問題が関与しているということです。そして、第三に医学的にすばらしい効果が証明されつつあり、その影響で南インド産白檀精油の欧州各国への精油輸出量が飛躍的に多くなっていることによります。

 そもそも、南インド産白檀は古くは漢方薬で解熱剤として扱われてきました。しかし、この10年来の欧州のアロマテラピーの研究成果で、匂い成分のほとんどをしめるセスキテルペンアルコール類のサンタロールが心臓病や女性ホルモン様作用に効果的であることが明らかにされてきています。
 また、心臓病と女性ホルモン作用については、日本循環器学会においても、熊本大学河野先生により女性高齢者の死因は癌より心臓病が第一位である発表があり、女性高齢者の閉経後の女性ホルモンのエストロゲン作用の減少が急性心筋梗塞を引き起こすという関連性が発表されています。
 つまり、女性高齢者にとってサンタロールを多く含む南インド産白檀は欠かせない香料であるということが解明されつつあるということなのです。
            
 ご好評いただいております私ども春香堂の「沙羅双樹」は、この南インド産白檀100%使用の高級線香です。南インド産白檀の高騰で、いよいよこの秋には値上げせざるを得ない状況となっています。これら、科学的な香料研究も含めご理解とご声援をお願い申し上げます。


かおりメールの先頭へ戻る

 茶屋新四郎、新六郎とベトナム沈香木 ’04 

 名古屋の東区筒井町に情妙寺という日蓮宗のお寺があります。ここに日本と安南国(ベトナム)の貿易船(朱印船)を描いた畳三畳ほどのとても大きな大和絵の巻物が大切に保存されています。ご住職のご厚意で拝見する機会を得ました。

 絵中の主人公は茶屋新六郎といいます。茶屋家はもともと新六郎の曾祖父の時代まで、中島郡(今の津島近辺)の呉服商でしたが、やがて信長の天下と共に京に上り、京でも呉服商を営んでいました。祖父四郎五郎清延のころは秀吉方に仕える呉服商でしたが、朱印船貿易にも着手しだしました。徳川の江戸時代になり、父の新四郎が大阪の陣で家康方の陣中服の誂えの功で引き立てられ、街整備の進む尾張徳川の名古屋の地にやってきました。
 そして、朱印船貿易を営む豪商として活躍するようになります。(尾張の城下町に茶屋町という町名ができたほど有名でした。)
まさに、この絵巻はその江戸時代の絶頂期、寛永時代の朱印船貿易を題材にしています。

 安南貿易には特産のタイマイ(ウミガメの甲羅、べっこう)、沈香・伽羅など香木をはじめ桂皮(ニッキ)などの漢方薬の草木なども含まれていたことでしょう。
                  
 ところが、1634年、江戸幕府は鎖国令を出します。新四郎新六郎父子が安南国との朱印船貿易に乗り出して、わずか5年のことでした。当然、茶屋家は朱印船による貿易ができなくなりました。
 しかし、もともと海外への領土拡張に魅せられ朱印船貿易をはじめたわけですから、こんどは国内の領土拡張に目を向けることになります。尾張藩主徳川義直公に伊勢湾の埋立てを申し出て、やがて二百五十町歩という広大な面積の新田を苦労の末、切り開きました。「茶屋新田」としてその名を残す現在の港区南陽町の辺りです。
 家康が安南に求めた黒い伽羅木の一片を薫らせながら、朱印船貿易の浪漫を夢見た一日でした。


かおりメールの先頭へ戻る

 伝承と香と薬のお話し ’03     

 香と薬が日本史上に登場したのは奈良時代でした。正倉院の薬種目録が初見のようですが、記載されている薬物の大方は香料でもありました。
 さて、私ども春香堂初代、栄次郎が漢方薬問屋に丁稚奉公の後、漢方薬業として独立しています。たまたま、近隣のご住職方から請われて漢方薬材料を利用したお香の調合を生業としたのが始まりで、現在の薫物香料業に至っています。香と薬がとても密接な関係にあることをご理解いただけることと思います。

 最近、「○○大事典」や、「××リサーチ」など身体の諸処の作用を化学分析や臨床データをもとに検証するテレビ番組がもてはやされています。これらの内容のほとんどは「昔から△△は□□に効くと云われてきたが本当か?」といった伝承の審議を問うものが多く、分析器機の進歩や臨床データの蓄積によって、それらの資料や情報が比較的容易になった21世紀の現代だからこその科学情報番組ではないかと思われます。

 そういった中、嗅覚の研究も遅蒔きながら進歩し、脳内神経伝達システムといった、香りの身体への影響も科学的に解明されつつあります。香りの成分の何がどの脳内経路を辿りセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンといったような分泌物を出し、心身のリラックスを促したり、リフレッシュやエキサイトといった心身の作用を引き起こすかが解明されてきました。またこのような香りと身体のシステムが、医学療法にも利用されつつあり、アレルギー性鼻炎や花粉症に留まらず、この嗅覚による心身の作用が、重要な療法のひとつになりつつあるのです。まさに、現代のストレス社会の救世主にもなりえる医療といわれています。

 近い将来、私ども春香堂の漢方生薬を配合した香りも、この科学進歩の恩恵に浴し、伝承されてきた能書と、科学的に解明されつつある成分本来の薬効の結びつきが解明され、ご理解いただける時代になることでしょう。


かおりメールの先頭へ戻る

  「薫風自南来」 ’02

 「くんぷうみずからみなみよりきたる」と読む禅語です。初夏の温かな陽気の中、心地よい香りの南風が吹いて人も木も草も皆爽やかな気分になるという意味だそうです。熱海のMOA美術館所蔵の一休宗純禅師の一行は有名ですネ。
 さて、ベトナム中部の旧都フエ市の中心を流れる川の名前はHuong「フン」川といいます。Huongはそのままベトナム語で「かおり」を意味します。川の上流地域は昔から沈香木の採れる地域として有名です。この辺りの沈香の香りには特徴があって少し油っぽい香りが乳臭く先に発つのですぐに判ります。また、川下りも民族音楽を聴きながらの観光として有名です。今では、川岸の道路をトラックが段ボールに香木を積載して運んでいますが、この川を千年の昔から、バナナの葉を内貼した竹籠に香木を満載した船が往き来したかと思うと、この川の名前の由来が自ずと理解できるような気がします。
          

 フエ市内の旧宮廷の一角にある香炉には大切な特産品の絵と文字が鋳造されています。沈香と伽羅(g楠)もあります。

「香」、「薫」という文字はそれだけでどちらも良い「かおり」のことをいいます。意味の違いは火にくゆらすか否かの違いですが、いずれにしても、沈香や伽羅の良い香りが南方のベトナムより日本に渡来し我々を和ませてくれること「薫風自南来」は正にこのことである、とはちょっと言い過ぎでしょうか?


かおりメールの先頭へ戻る

 ベトナム国「沈香樹」植林事業パートV ’01

 今年9月にベトナム国沈香樹植林地へまた行ってきました。ベトナムの中南部カンホア省の山です。今回は志野流香道家元のご子息貞統様がご一緒になられました。 植林地は、比較的行きやすいところを選んでいますが、それでもあの暑さの中、道無き山を十数キロも歩くことは大変です。よくおつきあい下さいました。

 私も年々自分の体力が衰えていることを実感しながらやっとの思いで目的地にたどり着きました。現地の林業局員が作ってくれた昼食を共に山小屋で食べるのですが、これがどんなベトナム料理より美味しく感じるものです。昼食後、3年前の'97に志野流家元がお手植えになった沈香樹を見に林の中へ入りました。50本植えたはずなのに、もう何処に植えたかも見当がつかないほどです。雑木の密集の彼方に3メートル以上にも成長した沈香の植樹を見つけたときは感激しました。蔦のように絡まってくる草やトゲのある木に妨げられながらも、十数本の植樹が確認できました。
 年毎に200本づつ植えた植樹も十数本づつは成長を確認できました。'98植樹ものがおよそ2メートル、'99植樹ものがおよそ1メートル、今年植えたものは、まだ50cmにも満たないぐらいでした。今後とも成長を見守っていきたいと思っています。

 さて、最近ベトナム旅行のツアーやベトナム料理が
巷では流行しているようです。特に南部のホーチミン(旧サイゴン)の料理屋が名古屋でもいくつか開店しています。八事にありますTHUAN(トアン)は私のお薦めのベトナムレストランです。とても美味しいですヨ。個人的にはベトナム中部の料理が私の一番のお奨めなのですが、いつか、本場のベトナム料理を含め沈香樹の見学ツアーを企画したいなぁなんて思っています。


            
かおりメールの先頭へ戻る

 ベトナム国植林事業パートU ’00

前回につづきまして、まずもって募金のご報告を申し上げます。昨年1月15日以来4月15日までの15ヶ月間で3,809円が春香堂本店の募金箱に入りました。今年植樹予定の苗木200本の内の14本に充てさせていただきます。また、残りは亡父(会長)の葬儀の際にいただきましたご芳志にて充てさせていただきます。ありがとうございました。

 さて、昨年は17,097円という募金をもとでに0.5ヘクタールに無事200本の沈香樹を植林できました。当初の目標の2ヘクタール800本までは、まだ数年必要ですが、1997年に志野流香道家元蜂谷宗玄宗匠にお手植えいただいた50本のうち40本はすでに高さが2m以上、幹の太さも2.5cmぐらいに成長していることが確認されています。実験的とはいえ、先に植林したこれらがこのように成長しているのはうれしいものです。
今後とも沈香樹植林募金にご協力をお願い申し上げます。

             

かおりメールの先頭へ戻る

 大分香りの森博物館へ行って ’99

 大分の山中に突然現れた洋風の宮殿。なんでこんな山の中に・・・館内は香りの本格的な博物館です。今までにも淡路島だとか、三河の山間部、静岡県の豊田町に香りをテーマにした博物館らしきものを見ましたが、この大分の博物館は他のスーベニアショップ紛いとはずいぶん違いえらく本格的なんです。

 まず、館内の展示は香りの歴史が順に列んでいます。実際ヨーロッパから取り寄せたという調度品まで凝らした室礼の部屋にも博物館らしさがあります。特に一階の香席と茶席はよくぞここまで、と感じ入りました。松隠軒写しの十畳、又隠庵写しの四畳半、露地あり腰掛けあり、なんと茶席躙の前には塵穴まであったりしている。香付き茶事でもどうかと思うほどちゃんとしている。

 さて、展示物はまだまだこれからかナ。って感じです。所蔵品のレベルも陳列の方法も今のところはまあまあ、これから先が楽しみです。

 外には植物園ばりの温室があって南洋の蘭や椰子の木など青く生い茂っていました。それで、是非ともお願いしたいと金田副館長さんに申し出て、沈香樹の種を送ることにしました。ベトナムの中南部で私が買い集めてきた種ですが、これを芽生えさせていただき館の名物にでもしていただけたらと願っているわけです。
             


かおりメールの先頭へ戻る

 刺身と黄菊 ’98

 染付の小鉢にマグロの刺身、千切大根の妻と紫蘇の葉一枚、そして黄色の小菊一輪。いわゆるちょつとした「お造り」の定番。熱燗を一杯啜る。「あーやっぱり僕も日本人かナ」、なんて思いながら・・・

 で、なぜ黄色の小菊が一輪なの?ミニバラやシンビジュウムを添えてもいいじゃない。

 平安時代、宮中では年中行事が執り行われていました。
年中行事には中国から伝わった五節句があります。

一月一日は元旦、新年を祝います。旧暦で立春とは元旦だったのです。お正月に飲む屠蘇はそもそも漢方薬のお酒のことでした。
三月三日は桃の節句、女の子のお祝いです。漢の武帝が長生を願ったところ西王母が天から降りて桃を七つ与えたという故事から、桃の花は邪気を払い長生を養うという云われになりました。
五月五日は端午の節句、男の子のお祝いです。旧暦では盛夏の季節です。食中毒や疫病にかからないように薬玉を部屋の隅柱に吊りました。また、菖蒲のお湯に入るのもこんなお呪いなのです。
七月七日の七夕には、一年に一度合う彦星と織姫に雅楽や和歌を手向けました。七夕にみる梶の葉は、短冊に習い事の上達を願い笹の葉に吊す由来で、梶の葉が紙の原料だったのだそうです。
九月九日は重陽の節句、別名菊の節句と呼ばれます。菊は古来より殺菌効果のあることが知られ、「邪気を払い清浄を保つ」花とされ、重陽の節句のお供え物に菊花が添えられました。

 刺身の「お造り」のほんの小さな黄菊一輪に永い永い中国と日本の歴史を感じ一献。


かおりメールの先頭へ戻る

 ベトナム国「沈香樹」植林事業 ’97

 「一本でもいいから・・・」
 激減している沈香樹の植林をベトナム国内でするため春香堂の店頭で2年ほど行ってきました募金箱が、今年の1月15日現在で17,097円になりました。これにプラスアルファしまして、500USドルにして200本の苗木を作ることにしました。今年の8月、9月ごろに、この200本を植える予定でいます。

 また、約0.5ヘクタールの土地を沈香樹のために準備することになりました。これらの契約をこの2月にしてきました。この写真はその契約書です。
少しづつですが、植林事業は進んでいます。今後も店頭に募金箱を設置いたしますので、ご賛同いただきたくお願い申しあげます。

               


かおりメールの先頭へ戻る

 「薬玉」って何?’96

 旧暦の五月はもう「盛夏」とされます。(歳時記)
盛夏とはよくいったもので他の季節では「盛(さかり)」という文字は使われません。当然のごとく暑い暑い真っ盛りの夏なのです。今の暦でおおよそ6月の末から7月初旬ぐらいです。日本では昔からこの頃になりますと、蒸し暑さも最高となり食べ物は腐りやすく、食中毒や伝染病などが猛威を奮いました。この旧暦の五月五日の節句に薬玉を部屋の中に吊しました。

 中国から渡来したはじめの頃は「薬玉」の中身は漢方生薬だったそうです。人が体の中に漢方生薬の香りを取り込むことは自然治癒力を高める効果があると云われています。これを「香薬効果」といい、現代ではアロマテラピーと呼んでいます。
猛暑の夏、食中毒や伝染病から身体を守る願いを込めて、「薬玉(くすだま)」を吊したのです。健康でありたい、無事でありたいと願う気持ちの表れだったのです。

 後世になって、「薬玉」は漢方薬としての実際の効果よりも、むしろお呪(まじない)として形だけのものになってきました。掛け軸の絵に「薬玉」を描いて床の間に掛けるなどの習慣も見られました。

 また、五月五日の節句の日のお風呂に菖蒲を入れます。お湯の熱さで菖蒲の香りがプンと鼻をつきます。これも菖蒲の殺菌効果で、病気予防のひとつなのです。
「丈夫な子供に育つ」というお呪(まじない)もここからきているのです。


かおりメールの先頭へ戻る

 おばあちゃんのアロマテラピー!!’95

 お寺の拝殿の大きな香炉の前でおばあちゃんたちが線香の煙を身体に撫で付けている光景を目にします。あれは何をしてるのでしょう。その煙を身体の悪いところに当てると治るのだそうです。本当に治るの・・・?

 線香のルーツは江戸時代初期にさかのぼりますが、中国から長崎、堺辺りに製法が渡来したとされます。それがやがて杉の産地の日光などで線香を作るようになったと言われています。この愛知県の辺りでは三河の山中で杉の葉を取っていました。

 でも、タブの木を原料としている一般の線香と違い、あの線香は通称「駄線香」といわれて、杉の葉を原料にしています。煙くて匂いは強く、目が痛くなるので普通の室内では使えません。でも、日本ではいつの頃からか杉の葉には殺菌効果があることが知られていて、現在でも仕出しのような折り詰めの中に生ものの辺りに杉の葉を見ることがあります。これと同様にこの殺菌効果の効能を「邪気を払う」たとえに利用した線香が実は杉の葉を原料にした「駄線香」だったのです。

 「駄」とつくとすぐ安価だとか、値打ちないように受けとられますが、線香の場合はけっしてバカにできません。「香」が日本に伝来してからずーっと「薬」でいた香薬効果のお話でした。


かおりメールの先頭へ戻る

【献香随行記】


明治神宮(’99)

          


先頭へ戻る



奈良薬師寺花会式(’99)






淡路いざなぎ神宮(’95)



先頭へ戻る

「インド」へ献香随行(’96)
(薬師寺故高田好胤管長と
 志野流香道蜂谷宗玄家元)


献香のお手伝い

お釈迦様のカピラ城遺跡の博物館



「中国」へ献香随行(’94)
(薬師寺故高田好胤管長と
 志野流香道蜂谷宗玄家元)


西安の興光寺涅槃仏開眼式

成都市内の寺院にて



先頭へ戻る


「ベトナムの沈香」(’89から毎年)

中南部NhaTrangの海岸通り

チャム遺跡
【沈香見学】

早朝6時パジェロ2台で出発
 
詳しくは沈香木植林

安価な沈香の仕分け作業

先頭へ戻る
「南インドの白檀」(’86)

野積みされる山から下りてきた
「白檀」
は、ここで日本などの海
外向けの上質品とインド国内向
けの一般品に仕分けされます。


日本向け「白檀」をハツる(削る)
おじさん
「白檀」は木の心材です。
外側の皮を1〜2cmをハツリます。
春香堂の高級白檀線香
「沙羅双樹」
はこの白檀
を使用しています。


<袋詰め作業>
日本向けに出荷する白檀材


<インド国内向け出荷場>
インド国内向けは、輸出向けに
選ばれなかった2等級以下を
袋詰めします。

先頭へ戻る

【三代目】

いろいろ体験記